2018年7月11日

我満嘉治

我満嘉治(がまんよしはる)
プロスキーヤー

 

1964年5月13日札幌生まれ
出身校:札幌第一高校・早稲田大学(教育学部)

幼少よりスキーを始め、小学生からレーシングスキーに打ち込む。
高校時代はナショナルチームに所属。
インターカレッジ(全日本学生スキー選手権大会)で優勝。
ユニバーシアード日本代表などアルペンレーサーとして活躍後、1987年全日本スキー技術選手権大会に初出場。史上最高得点で鮮烈デビューを飾る。以降2003年引退まで上位の常連として活躍。伝説となったTVスキー番組、「SKI NOW」のレギュラーとして1990~1997の8シーズンに渡り海外ロケを中心にレギュラー出演。

1995~96年スキーヤー人気投票(スキー雑誌)2年連続1位。
スキー指導の師範である「ナショナルデモンストレーター」としては1990年~2004年まで14年間連続認定。4年に1度開催されるインタースキー(世界スキー指導者会議)の日本代表5回(1990年オーストリア、1995年野沢温泉、1999年ノルウェー、2003年スイス、2007年韓国)。日本のスキーメソッド・指導に関する雪上プレゼンテーションのチーフとして英語圏国グループを統括(1999年、2003年、2007年)
2001年~2006年、ばんけいスキー学校(札幌市中央区、受講者数全国4位、インストラクター数220名(当時)の校長として管理からレッスン指導までを統括。現在も初心者からトップ選手まで幅広いスキーヤーを指導している。

また、北海道のスキーメーカー「KEI-SKI」の開発・プロモーションも牽引。

 

[主な執筆連載]
日経新聞コラム「スキーと健康」2001年秋~2002年春
実業の日本社ブルーガイドスキー連載エッセイ1996年~2002年
スキージャーナルDVD&技術特集2007秋~2008年春 、、、等々
技術解説・セミナー・ビジネスマン向け講演多数

 

 

「あらゆる方を上達へ導く、これまでになかったスーパーレッスンが始まります。」

 

自転車に乗れるようになる。
車の運転免許を取得する。

 

本人の意思さえあれば、これらはかなりの確率で達成できます。
でも、スキーでパラレルターン(両スキーをそろえて曲がれる)が出来るようになるのは
簡単な事ではない、と多くの方が思っているのではないでしょうか?
実は、自転車に乗れる程度の運動能力があれば、パラレルターンはすぐに習得可能なのです。

 

自転車も、車の運転もそうであるように、スキーも上達には約束事とコツがあります。
それを正しく理解し、自分に合ったアドバイスに沿って取り組めば、短時間で、しかもかなり高い確率でパラレルターンは出来るようになります。
なかなか上達できない方は、正しい知識と練習法に恵まれていないだけなのです。
自転車に乗れる人は、スキーも必ず上達できます。

 

雪上デビューでいきなりパラレルターン。
夢物語ではありません。
白銀のゲレンデに立つ初日からスキーを楽しんでほしいのです。
必要なのは、スキーがしたい、というアナタの気持ちだけです。

 

スキーは”東京”で上手くなる。
新しい上達のスタイル、としまえんSKI & SNOWBOARD GYM。